女の人

目を大きく・はっきりしたいあなたには目頭切開がおすすめです

肝斑治療に有効

注射

下痢や胃痛が起こる場合も

肝斑は30代以降に多く見られるシミの症状です。主に左右の頬に、もやもやとした大きなシミが現れます。大きなシミになる事が多い為、悩んでいる方が多い症状です。年齢を重ねた女性に増える肝斑は、プラセンタ注射によって改善する事が出来ます。プラセンタ注射は人由来のプラセンタを、直接筋肉や血管に注射して様々な効果を得る美容医療です。効果・効能が認められた医療行為ですので、肝斑を改善する効果は長けています。人由来のプラセンタは安全性の高いものなので、施術によって副作用が起こり難いという点も魅力です。ただ、医療行為には副作用や後遺症はつきものです。プラセンタ注射も稀にではありますが、副作用を起こすケースがあります。プラセンタ注射を頻繁に行ったり、注入量が多すぎると下痢や胃痛が起こるようです。このような副作用を起こさない為にも、施術の頻度や注入量は医師とよく話し合い決めましょう。

局所注射が有効

頬にもやもやとした大きなシミが出来る肝斑は、女性ホルモンの乱れで起こりやすいと言われています。美白化粧品でケアしても、なかなかシミが消えないという場合、肝斑かもしれません。肝斑は他のシミと比べ、美容医療で解消しやすいシミと言われています。気になる際は、早めに美容医療で肝斑を改善しましょう。プラセンタ注射は肝斑の改善に、効果が高いと言われる美容医療です。プラセンタにはタンパク質やミネラル類、ビタミン類といった5大栄養素に加え、アミノ酸やコラーゲン、成長因子といった美容効果の高い成分が、バランス良く含まれています。これら成分の相乗効果によって、女性ホルモンバランスを整えたり、肌の新陳代謝が高まる為、肝斑を改善する事が出来るのです。特に肝斑部分に施術を行う局所注射を行うと、より肝斑を薄くする効果がアップすると言われています。